山岸一雄と佐野和の出会い

山岸一雄と佐野和の出会い

大勝軒修行時代

料理学校を卒業と共に、某有名店の従業員として2年半下積みを経験、独立を考えていたところ、東池袋大勝軒に2時間並んで食べた時、新たな文化としてつけ麺が美味しいと思い静岡には当時なかなかないと思い、大勝軒の門を叩きました。当時修行の人数は14人、山岸マスターも足が悪く大変な中、厳しく指導は受けました。

「心の味」を伝授

最初に教わったのは強く願っていた製麺から教わり、1ヶ月ほど麺を教わり、チャーシューの仕込み、その後スープを約半年で覚え、免許皆伝の運びとなりました。山岸マスターのご指導の下、私たちはラーメンの味に加えて、お客様の満足と笑顔を第一に考える態度や、料理人としての心得を学びました。

旨いラーメンは「最後の決め手は人ガラ、それが心の味」

紛れもなく本家大勝軒の味を引き継ぐ決意

山岸マスターが2015年4月1日になくなるまで、東京で会える時は会い、味について教わり続けました。マスターが最後に言ったことは、「スープだけ作ってればスープ屋、麺を作って初めてラーメン屋だ」、その想いを胸に刻み大勝軒伝統の味を守りつつも、ラーメンに対する熱い情熱を注ぎながら、美味しいラーメンの飽くなき追求はこれからも続いていきます。